東京八丁堀皮膚科・形成外科

TEL

ご予約・ お問合せ

診療のご案内 / 形成外科(保険診療)
Information

HOME > 診療のご案内 > 形成外科: 乳房再建

乳房再建

乳房再建とは

乳房再建とは、乳がんの治療によって失われた乳房の形態を手術によりできるだけ元の形に復元することを言います。乳房再建の希望がある、または考えてみたいと思われる患者さんは乳がん手術前に乳腺外科の担当医に相談されるのがよいでしょう。

治療および期待される効果

乳房再建の方法には大きく分けて、

  • 人工乳房による再建
  • 自家組織による再建

があります。

人工乳房による再建

この方法は特定の人工乳房を用いる場合に健康保険が適用されます。ただし施設によって行えない場合がありますので確認が必要となります。組織拡張器(エキスパンダー)を併用する場合と併用しない場合があります。併用する場合にはシリコン製の風船のようなものを胸の筋肉の下に留置し、徐々に皮膚皮下組織を乳房の形に膨らませて人工乳房に入れ替えます。組織拡張器を、胸の筋肉の下に入れた後、1~3週間に1回の割合で4~6ヶ月くらいの期間に外来で生理食塩水を注入して拡張していきます。組織に余裕が出来た後にシリコンバックに入れ替えます。この手術の利点はそのほかの場所に傷を作ることなく再建が可能なことです。

自家組織による再建

腹部や背部の組織を胸に移植する方法です。自家組織による再建でも、組織拡張器を併用する場合があります。また、健側の乳房の大きさが少ない症例や、両側で、大きな乳房を希望しない場合は脂肪注入による再建も可能です。

この手術法の利点は自分の組織で再建されるため、異物を使用しなくて良いことです。しかし、他の部位から組織が移植されるため、胸と他の部位に傷あとが残ります。

乳房を再建したのち、約6カ月から1年経過してから乳頭乳輪の再建を行います。通常乳頭は、健側の乳頭の一部を利用するか、再建した乳房の一部の組織をつかって作成します。乳輪は鼠径部の皮膚を移植したり、医療用の色素で色を付けたりすることができます。乳頭乳輪の手術は入院しないで行うこともできます。

形成外科 診療メニュー
眼瞼下垂逆さまつ毛(睫毛内反)・ 目頭切開(内眥形成)多汗症・ワキガ(腋臭症)ほくろ・イボ(皮膚良性腫瘍)傷・やけど等の外傷傷跡・ケロイド・瘢痕の修正巻き爪(陥入爪) 顔面神経麻痺顔面骨折(鼻骨骨折・頬骨骨折)陥没乳頭再建外科(乳房)立ち耳(耳介変形)でべそ(臍ヘルニア)先天奇形口唇裂・口蓋裂顎変形症