東京八丁堀皮膚科・形成外科

TEL

ご予約・ お問合せ

診療のご案内 / 形成外科(保険診療)
Information

HOME > 診療のご案内 > 形成外科: 顔面神経麻痺

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは

顔には顔面表情筋という筋肉があり、これらの動きによって表情が作られています。この筋肉を動かしている神経が顔面神経です。けがや病気によってこの顔面神経が障害され、おでこ、眉毛、まぶた、口など顔の一部またはすべての動きが止まってしった状態が顔面神経麻痺です。この症状のため、目が乾燥してしまったり、食事がうまく取れなくなったり日常生活に支障が出てしまいます。また顔が歪んで見え、整容的にも問題が生じます。顔面神経麻痺の原因として外傷、Bell麻痺、Hunt症候群、悪性耳下腺腫瘍、真珠腫性中耳炎などがあります。

治療法および期待される効果

発症までの経過や、様々な検査により原因を特定し、原因と症状を考慮し治療法を決定していきます。

治療法としては、急性期のものでは神経縫合、神経移植術などが行われます。

陳旧性のものに対しては筋膜移植や皮膚切除、フェイスリフトなどの静的再建、筋肉移行術などの動的再建が行われます。

形成外科 診療メニュー
眼瞼下垂逆さまつ毛(睫毛内反)・ 目頭切開(内眥形成)多汗症・ワキガ(腋臭症)ほくろ・イボ(皮膚良性腫瘍)傷・やけど等の外傷傷跡・ケロイド・瘢痕の修正巻き爪(陥入爪) 顔面神経麻痺顔面骨折(鼻骨骨折・頬骨骨折)陥没乳頭再建外科(乳房)立ち耳(耳介変形)でべそ(臍ヘルニア)先天奇形口唇裂・口蓋裂顎変形症