皮膚科(保険診療)アトピー性皮膚炎、ニキビ、蕁麻疹じんましんなど-東京八丁堀皮膚科・形成外科

TEL

ご予約・ お問合せ

診療のご案内 / 皮膚科(保険診療)
Information

HOME > 診療のご案内 > 皮膚科

皮膚科(保険診療)

皮膚は全身の鏡とも言われるくらい、身体の病気が現れる場所です。診察範囲は、顔や手足といった露出している部分のほか、衣類に覆われている皮膚全体、髪や爪なども診ます。

皮膚に生じる病的変化は、大きく2つに分けられます。

  1. 皮膚のみに局限して現れ、全身とは関係のないもの
  2. 皮膚以外の臓器も含めた全身病の部分症状であるもの

そのため、皮膚科医は全身に対する幅広い知識を持って、全身病との関連性を考慮に入れながら診察をおこないます。

皮膚科 診療メニュー
アトピー性皮膚炎かぶれ・湿疹乾癬かんせん乾燥肌陥入爪(巻き爪)蕁麻疹じんましん帯状疱疹たいじょうほうしん水疱瘡みずぼうそうたこ/魚の目脱毛症ニキビ白癬はくせん(水虫・たむし)白斑はくはんヘルペスほくろ・イボ(皮膚良性腫瘍)/粉瘤ふんりゅう虫刺されやけど

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥とバリア機能に異常が出た状態で、様々な外的刺激やアレルギー反応が起こることで、痒みを伴う皮膚炎(湿疹)が生じます。多くの患者は、アレルギーを起こしやすい体質のアトピー素因を持っています。

【アトピー素因とは】

  • 家族もしくは自身がアレルギー性の病気(気管支喘息、結膜炎、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎)を持っている。
  • アレルギーと深い関係がある免疫物質「lgE抗体」を作りやすい体質である。

主な治療は、ステロイド外用薬を使用しますが、皮膚に様々な副作用を起こします。効果の高さと副作用の起こりやすさは比例するため、必要以上に強いステロイド外用薬は使わず、重症度に合わせて薬剤を処方します。アトピー性皮膚炎の治療は長期にわたります。皮膚のバリア機能が低下しているので、スキンケアはきちんと行うことが大切です。外用薬で炎症を抑えながら、皮膚の清潔保持のためシャワーや入浴、その後の保湿を毎日しっかり行うことが治療への近道です。

かぶれ・湿疹

かぶれとは接触皮膚炎のことで、外来性の刺激物質や抗原が皮膚に接触することによって発症する湿疹性の炎症反応です。湿疹とは、主に表皮に現れる可逆性の炎症反応で痒みやヒリヒリ感を伴います。小さな水疱をもった丘疹が点状に散在し、次第に群がって固まります。そのまわりに、新しく小さな丘疹がでてきて、ひっかくと皮膚が破れてジメジメした皮膚面をつくることから湿疹と呼ばれています。

乾癬かんせん

銀白色の皮膚の粉をともない境界のはっきりした紅斑が全身にでます。多くの患者様にみられるのが 尋常性乾癬じんじょうせいかんせんで、皮膚が赤くなる、皮膚が盛り上がる、銀白色のフケのようなものが付着し剥がれるといった症状が見られます。

乾燥肌

ドライスキンとも呼ばれ、肌の水分や皮脂が不足している状態です。正常な肌は、油分と水分によってできた天然保湿クリームの皮脂膜に覆われています。乾燥肌は、皮膚表面の潤いが失われ角質が乱れて剥がれやすく、紫外線やほこりなどの外部刺激を受けやすい状態です。

陥入爪(巻き爪)

爪の端が曲がって皮膚にくい込んでいる状態が陥入爪で、爪全体が曲がっている状態を巻き爪といいます。赤み、痛み、腫れ、炎症がひどくなって来院される方が多くいらっしゃいます。

蕁麻疹じんましん

じんましんは、痒みを伴うブツブツや赤みが皮膚に現れ、数十分~数時間で消えてしまいます。蕁麻(イラクサ)の葉に触れると、同様の症状がでることからこの名前がついたと言われています。原因は様々あり、食物や食品添加物、薬剤、感染症、物理的刺激のほか、運動や発汗によっても症状が出ることがあります。原因刺激を避けることで発症を防げますが、はっきりとした原因がわからない場合は薬による症状のコントロールをおこないます。

帯状疱疹たいじょうほうしん水疱瘡みずぼうそう

帯状疱疹たいじょうほうしんは、他人から伝染るのではなく自身が持っている水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。潜伏していたウイルスが何らかの誘因で活性化し、表皮細胞で増殖し赤い丘疹や水疱が神経の走行に沿って帯状に現れます。

水疱瘡みずぼうそうは、主に小さな子がかかりやすく、水痘・帯状疱疹たいじょうほうしんウイルスに初めて感染した時に発症する急性のウイルス感染症のことです。

たこ/魚の目

たこも魚の目も、皮膚の一部が刺激を受けて角質層が厚くなる病気ですが、たこには痛みがありません。痛みがある場合、細菌感染の可能性がありますので早めに受診してください。魚の目は中心に魚の目のような芯があり、主に足の裏やゆびにでき、激しい痛みを伴います。

脱毛症

脱毛症は大きく3つに分けられます。1つ目は、その名のとおり毛が抜けてしまい毛の数が少なくなる状態です。(円形脱毛症など)2つ目は、毛の太さが細く、更に短くなってしまうことにより全体的に髪の量が減る状態です。(男性型脱毛症:AGAなど)3つ目は、稀ではありますが毛髪奇形の病気で毛の質が弱く切れやすい状態です。

ニキビ

ニキビは、皮膚の毛穴に関係し長く炎症が続く慢性炎症性疾患で特に思春期に多く見られます。悪化するとニキビ跡が残るため、早期に炎症を抑えることが大切です。

白癬はくせん(水虫・たむし)

白癬はくせんは、カビの一種である白癬菌による感染症で、足にできるものを俗に水虫といいます。股や体にできるものをたむしと呼んでいます。

白斑はくはん

尋常性白斑じんじょうせいはくはん先天性白斑せんてんせいはくはん(白皮症)があります。先天的に遺伝子の異常により、皮膚の中の色素細胞であるメラノサイトが合成されない状態です。後天性には、ストレスや薬剤、化学物質、感染症などによるメラノサイトの障害があります。メラノサイトは、紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素を産生しますが、その消失により皮膚の色が白く抜けてしまいます。特に日光に当たりやすい手足や顔等に症状が出始めますが、口腔内や網膜にも脱色症状が生じることがあります。

ヘルペス

ヘルペスは小さな水ぶくれが集まった急性炎症性皮膚疾患で痛みを伴います。ウイルス感染によるもので、単純ヘルペスは日本人の7割以上が感染していると言われています。体のどこにでも感染し、ウイルスによっては再発しやすいので継続した治療が必要となることがあります。

ほくろ・イボ(皮膚良性腫瘍)/粉瘤ふんりゅう

ほくろは母斑細胞からなる皮膚良性腫瘍の一種で、メラニンを有するため褐色や黒色を呈しています。徐々に大きくなる場合、メラノーマの可能性があるため注意が必要です。イボの中には、尋常性疣贅ゆうぜいやウイルス性疣贅ゆうぜい、老人性疣贅ゆうぜい、脂漏性角化症などがあります。粉瘤ふんりゅうはアテロームとも呼ばれ、皮膚の中に角質や皮脂がどんどん溜まってできた腫瘍の総称です。

虫刺され

虫に刺された場合、赤み、痒み、痛みといった症状が現れます。アレルギー反応により、直後から赤みやかゆみといった症状が出る場合と数日後にブツブツや水ぶくれといった症状が出る場合があります。

やけど

やけどは熱傷とも呼ばれ、熱い液体や金属、炎などが皮膚に接触することで受ける外傷のことです。非常に高温で短時間の接触で起きる熱傷のほか、低温で長時間接触して起こる低温熱傷があります。表皮、真皮、脂肪組織といった皮膚の深さによってやけどの損傷度合いが違います