東京八丁堀皮膚科・形成外科

TEL

ご予約・ お問合せ

診療のご案内 / 形成外科(保険診療)
Information

HOME > 診療のご案内 > 形成外科: 顎変形症

顎変形症

下顎前突症

下顎前突症とは

下顎前突症とは上あご(上顎骨)に対して下あご(下顎骨)が前方へ突出した状態で、わが国ではあごの変形(顎変形症)の中で最も多いとも言われています。

治療法および期待される効果

軽度の下顎前突症では矯正歯科治療での咬み合わせ(咬合)の改善を図るという選択肢もありますが、下顎前突の多くは骨切り術という手術治療の対象になります。

咬み合わせが正常となることで、良く咬めるようになり、喋りかたも改善します。あご関節の痛みが良くなることもあります。突出した下あごは後方に移動し、相対的に頬がふっくらとして、やや丸く見えるようになり、全体として容貌は改善します。

上顎前突症

上顎前突症とは

上顎前突症とは下あご(下顎骨)に対して上あご(上顎骨)が前方へ突出した状態で、俗に「出っ歯」や「反っ歯」と呼ばれます。我が国では比較的多い変形で、上顎が突き出ているため、相対的に下顎骨が後退しているように見えます。

治療法および期待される効果

軽度の上顎前突症では矯正歯科治療で前歯突出の改善を行います。前歯のみの突出の場合は、左右の側方の歯(多くは前から4番目の第1小臼歯)を抜いて前歯部を下げます。抜歯後の治療には矯正歯科治療と手術の2つの方法があります。矯正歯科治療による方法は手術をせずに済むことが最大の利点ですが、治療には時間がかかります。

手術は抜歯した部分の骨を切除して前歯部分を後方に移動します。

突き出た上顎の前歯が目立たなくなり、上あごが突出した変形もなくなり、上顎と下顎の調和がとれて容貌は改善します。とくに、くちびるが閉じやすくなります。

両顎前突症

両顎前突症とは

両顎前突症とは上あご(上顎骨)と下あご(下顎骨)の歯が前方へ突き出した状態で、奥歯の咬み合わせは正常です。東洋人や黒人に多く、日本人ではありふれた変形です。

治療法および期待される効果

治療には矯正歯科的な治療と手術療法の2つがあります。軽度の突出は矯正治療で歯を抜かない方法で治療が行われます。

突き出た前歯部分が後方に下がることで容貌の改善が得られます。鼻の先端とあごの先端を結ぶ線をエステティック・ライン(esthetic line)と呼び、この線上かやや後ろに下くちびるが位置するのが美しい顔貌であると言われています。相対的に鼻は高く見え、オトガイ部も突出して見えます。赤唇部は薄くなり、くちびるが閉じやすくなります。

形成外科 診療メニュー
眼瞼下垂逆さまつ毛(睫毛内反)・ 目頭切開(内眥形成)多汗症・ワキガ(腋臭症)ほくろ・イボ(皮膚良性腫瘍)傷・やけど等の外傷傷跡・ケロイド・瘢痕の修正巻き爪(陥入爪) 顔面神経麻痺顔面骨折(鼻骨骨折・頬骨骨折)陥没乳頭再建外科(乳房)立ち耳(耳介変形)でべそ(臍ヘルニア)先天奇形口唇裂・口蓋裂顎変形症