埋没法について:-東京八丁堀皮膚科・形成外科

TEL

ご予約・ お問合せ

診療のご案内 / 美容外科
Information

HOME > 診療のご案内 > 美容外科:二重術 埋没法

埋没法について

二重まぶたとは目を開ける筋肉(上眼瞼挙筋腱膜)の一部と皮膚が癒着していることによりまぶたが開くときに折れ返しができて二重になります。

手術によって皮膚を験板や臆膜に強く癒着させた眼験はまさにこの状態であり、自然の重験とは異なります。

自然の重験や術後でも皮下の癒痕が少ない重験では、験板前部の皮膚はいくらか験板前面を下へ滑りながら、アコーデイオンのようにたたみ込まれます。

この時、さらに癒着の弱い隔膜前部の皮膚が垂れ下がってくるため、重験がでます。

埋没法とは

糸を埋め込み二重のラインと目を開ける筋肉を癒着させることにより二重まぶたを作っていきます。初めて二重手術を受けられる方、ダウンタイムがあまり取れない方、もともと二重の癖がついている方におすすめの方法です。

埋没法のバリエーション
●埋没法2点留め

まずは試してみたい方、ダウンタイムを極力減らしたい方、もともと二重でラインが不安定な方におすすめです。

●4点留め

瞼が厚めの方、しっかり固定したい方、または、並行型の二重をご希望の方におすすめです。瞼の状態によって、固定点をさらに増やしたり、固定方法を変えることができますのでご相談ください。

オプション

埋没法に組み合わせることでより取れにくくすることが可能です。

1. マイクロカット法

皮膚に開けた穴の下の眼輪筋を特殊な電気メスを使って除去することにより、二重のラインがより癒着するためラインの固定性が上がります。また、糸の結び目がより奥に埋まる為、表面からの糸のボコ付きが目立たなくなります。

2. 脂肪除去

瞼の厚みの原因の一つである眼窩脂肪を2-3mmの穴より除去することができます。術後も傷跡はほとんど残らず二重のラインに沿うので目立つことはありません。

当院の特徴
1.美容外科専門医、形成外科専門医が対応

皮膚の状態や、脂肪の厚み、蒙古ひだの状態など患者さまの状態に合わせた手術方法で対応が可能です。また修正手術も多く手掛けているので、他院の術後の結果なども対応可能です。

2.痛みの軽減
  1. 局所麻酔に使用する針を極細(34G)にする
    ※上から、34G・30G・23Gとなります。
    ※G(ゲージ)=針の太さで、数字が大きくなるほど細い針になります。
  2. 笑気麻酔の使用
  3. クーリングやバイブレーションを使用しゲートコントロールによる疼痛の軽減
  4. 麻酔液のPhを調整することで注入痛を軽減など痛みに最大限配慮した治療が可能
3.最小限の腫れ
  1. 埋没法専用の極細の針と糸を使用
  2. 腫れを予防する内服薬の処方
  3. 術後クリーリング

など術後の腫れを極力減らす工夫をしています。

4.挙筋法で行う

自然で、目が大きく見えます。また瞼板に糸をかけないのでマイボーム腺などを損傷することがありません。

5.特殊な結び方をすることで糸が取れにくく固定性をあげることができます。
手術の流れ

医師と瞼の状態、希望の二重などを十分にカウンセリング、シミュレーションしていきます。

内容が決まったら、お手続き後に手術室にご案内いたします。

手術室にて術前写真の撮影後に、医師と希望の二重ラインをデザインし、確認していきます。

消毒し、手術を行います。

術後は患部を十分にクーリングしながらお休みいただきます。

術後経過
術後の腫れ おおよその腫れが引くまでの期間は2-3日です。完成は1ヶ月程度です。
術後の皮下出血 稀に皮下出血が認められますが、4-5日程度で治ります。
傷跡 まぶたの点(針穴)は1週間程度で消失します。
違和感 突っ張る感じなどの違和感は時間とともになくなっていきます。
リスク・合併症
左右差、
ラインの不正
もともとの瞼の状態により完全に左右対象にはなりません。気なる場合は抜糸、止め直しでラインの調整は可能なのでご相談ください。
糸の露出 埋没糸の結び目が皮膚に透けて、気になる場合があります。
糸を埋め直す 抜糸して止め直すなどの処置で対応できますので、気になる場合はご相談ください。
感染 稀に埋没糸に菌がついて感染を起こす場合があります。術後赤く腫れてきた、膿が出てきたなどの症状がある場合は排膿、抜糸などの処置で対応可能なのでご相談ください。
眼瞼下垂 埋没糸を入れることにより目を開ける筋肉(上眼瞼挙筋)に影響がでて目が開けにくくなる場合があります。術前に眼瞼下垂がないか十分診察させていただいただきます。
ラインの消失 埋没法による重瞼術はラインが消失することがあります。再固定、その他の治療法による二重の作成など出来ますのでご相談ください。

料金表

二重まぶた

治療内容   料金
(税別)
埋没法 2点留め 19,800円
4点留め 90,000円
4点留め【1年保証】 98,000円
埋没強化 マイクロカット
(1点につき)
9,800円
上まぶた脂肪除去   49,800円
二重まぶた治療と
併用の場合
39,800円
切開法二重術

瞼の皮膚が厚い、弛んでいる方、脂肪が多い方、幅広のラインをご希望の方、埋没法で取れてしまう患者様におすすめです。状態により弛んだ皮膚や、余分な脂肪を同時に除去する事により、より美しい、ご希望の二重を形成する事ができます。

切開法の特徴
  • 半永久的な二重を作成することができます。
  • 同時に皮膚のたるみや筋肉、脂肪などの組織の厚みを改善することができます。
  • 目の開きの悪さ(眼瞼下垂)も同時に改善できます。
術後経過
術後の腫れ 約1週間で抜糸の必要があります。
おおよその腫れが引くまでの期間は約1週間です。
完成は3ヶ月程度です。
術後の皮下出血 稀に皮下出血が認められますが、2週間程度で治ります。
傷跡 まぶたの傷は1週間でくっつきますが、赤みは1-2ヶ月程度続きます。
違和感 突っ張る感じなどの違和感は時間とともになくなっていきます。
リスク・合併症
左右差、ラインの不正 もともとの瞼の状態により完全に左右対象にはなりません。
気なる場合は3-6ヶ月様子をみて修正手術が可能です。
感染 稀に感染を起こす場合があります。
術後赤く腫れてきた、膿が出てきたなどの症状がある場合は早めにご来院ください。
体質により傷跡が赤く盛り上がる場合があります。
料金
治療内容 料金
(税別)
挙筋短縮法切開 298,000円
挙筋短縮法糸 189,000円
逆さまつげ

瞼の皮膚、筋肉などが厚く睫毛が眼球に当たってしまう場合は、保険診療で治療が可能です。内反したまつ毛を外反させるのに、重瞼術を行います。症状が軽度の場合は、埋没法による重瞼術を行います。高度の場合は、切開法による重瞼術とほぼ同様の方法で行います。

●保険診療による(3割自己負担額)目安
治療内容 料金
(税別)
逆さまつ毛(切開法) 6,480円
逆さまつ毛(埋没法) 4,980円
目頭切開(内眥形成) 50,190円

美容外科 診療メニュー
目元(二重、目もと、眼瞼下垂、逆さまつげ)鼻(隆鼻、小鼻縮小、鼻尖形成)口元輪郭形成・立ち耳(耳介変形)シワ・タルミ・毛穴バスト(豊胸術、陥没乳頭、乳輪・乳頭形成)婦人科形成痩身ワキガ・多汗症刺青(入れ墨)・タトゥー除去傷跡(妊娠線)